▲ PAGE TOP

湘南・平塚市で鉄筋コンクリート注文住宅、RC住宅、RC−Z住宅、外断熱住宅を建築している株式会社タックです。




株式会社タック


    

 

    

外断熱鉄筋コンクリート住宅と木造住宅の違い

断熱材を外側に張っただけで蓄熱体を持たない木造は、コンクリート住宅のような省エネ効果は望めません。

 

例えば、石と木に同じ熱エネルギーを加えた場合、どちらがその熱を保つことができるでしょうか?
経験的に、石が長い時間熱いことはご存知でしょう。
外断熱鉄筋コンクリート住宅の最大の特徴はこの蓄熱性能です。
極端な言い方をすると、木造住宅の場合、
断熱材が内側でも外側でも室内温度環境に大きな影響は無いということが言えます。




     外断熱を柱の外側に張ることにより断熱材の連続性ができ、
     外気温の影響は多少抑えられるが、
     蓄熱体が存在しないため省エネ効果は低い。









      コンクリート蓄熱体の外側を断熱材で包み込むため、
      外気温の影響を受けず、蓄熱・輻射熱効果により
      安定した室温と省エネ効果を発揮する。





 

お問い合わせ

外断熱鉄筋コンクリート住宅は外気の影響を受けにくい

夏と冬の気温差は40℃以上、一日の中でも10℃〜20℃の温度差が生じる日本。
その熱ストレスから室内を守るのが外断熱鉄筋コンクリート住宅の強みです。

 

タックの外断熱は、コンクリートの建物を断熱材ですっぽりと隙間なく包み込むという構造です。これにより外気温の影響を建物の外側で食い止めることができます。
つまり夏のうだるような暑さ、真冬の凍えるような寒さから室内をガードし、快適な室温環境を実現することが可能になります。

 

 

お問い合わせ

外断熱鉄筋コンクリート住宅は快適で省エネルギーな空間

お金をかけて作った熱エネルギーをコンクリートが貯めこんでゆっくり放出してくれるので、
省エネ効果が高く、しかも体にやさしい室内環境を保ちます。

 

外断熱の鉄筋コンクリート住宅が快適な室内環境を保つには「蓄熱作用」が大きく役割を果たしています。「蓄熱」とは熱を蓄えることで、その力のある物質を「蓄熱体」といいます。
コンクリートは熱容量が大きく蓄熱性能の高い物質で、一度エネルギーを蓄えるとその後安定し、変化しにくいのが特徴です。外断熱構造の場合、蓄熱体(コンクリート)が室内側にあるため、室温をいったんコンクリートが貯め込んだ後、ゆっくり放出されていきます。このとき放出される熱は「輻射熱」と呼ばれるもので、暖房器具のように直接的に暖かいものではありませんが、じんわりとひとの体に温もりを伝えるため、同じ室温でも輻射熱のあるほうが温かく(あるいは涼しく)感じるといわれています。
この蓄熱効果こそが外断熱の鉄筋コンクリート住宅の最大の特徴ということもできます。

 

 

お問い合わせ

外断熱鉄筋コンクリート住宅は結露・カビを解消

外断熱はカビやダニの原因にもなる結露の発生を大幅に抑制するため
健康的でクリーンな住環境をいつまでも維持することができます。

 

室内結露は、主に外気などで冷やされたコンクリート表面に、暖かい室内の空気が触れて露となって現れる現象です。結露はカビやダニの温床となり、深刻な健康被害に及ぶ場合もあります。
タックの外断熱構造は、コンクリート躯体と室温との差が少なく、安定しているため、結露の発生を根本的に抑制し、クリーンな室内環境をいつまでも維持します。

 

お問い合わせ

外断熱鉄筋コンクリート住宅は建物の寿命を延ばします



日本の住宅の耐用年数は、各国と比較しても短過ぎます。
「建てては壊す」という事による、社会的、経済的なロスは明らかですし、持ち家層がいつも住宅ローンを抱えているという悪循環もどこかで絶ち切らなければなりません。
内断熱に比べ外断熱は、イニシャルコストが掛かりますが、快適さ、省エネルギー、耐用年数の長さ等を考えると、ライフサイクルコストは削減になります。
コンクリート自体の温度変化も少ない為、劣化から守られ、大幅に耐用年数が長くなります。
「スクラップ&ビルド」の時代は終焉を迎え、これからは、地球環境に優しく、安全で、しかも快適な住宅を追求する時です。
鉄筋コンクリート外断熱工法で「より快適な」住まいを手に入れて下さい。

じっくりお話を聞きたい方は、お気軽にご連絡ください。

ホーム
注文住宅情報 土地活用 施工・設計例 会社概要 お問い合せ